CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画テレビ技術2005
ゼミの先生にタダで入場券貰ったので、科学技術館で今日まで行われていた「映画テレビ技術2005」に行ってきました。
午前中は某放送会社の試験だったので、そのままスーツ姿で会場へ。
こういう映像機材関係の展示では映像編集会社への営業も同時に行われているものなんですが、案の定俺のことをどっかの会社の人だと思って営業仕掛けてくる若手社員が何人もいた。
胸元に○○美術大学って書いてるのを見て「これは失礼」とでも言わんばかりに引いていく若手社員の態度に辟易したりしなかったり。

で、展示のほうなんですが、去年行ったInterBeeに比べると規模が小さすぎて、正直拍子抜け。とは言え、SONYやPanasonic、CanonなどのブースでHDカメラのプレゼンが行われていて、個人的にはしっかり楽しんできました。
自分的本日の目玉は体験コーナーで行われていたステディカム装着体験。ステディカムというのはレールを敷けないような場所でもレールを引いたような画が撮れるように、ウン百万もするスプリングやベアリングを豪華に使って全く手ブレが起きないように設計されたシステムです。
キューブリックが「シャイニング」の雪の迷路を追いかけるシーンで、世界で初めて使ったことで話題になった、と大学の授業で習った。
「60kgくらいある装備を体にくくりつけるように装備して走ったり歩いたりする」と聞いていたので、実際にどのくらい重いのか、撮影感覚はどういうものなのかが大変気になっていたというわけで、係の人にお願いして装備させて頂くことに。
現在では技術の進歩によって20kg前後まで重さが減っているということだったんですが、実際に装備してみるとやはり相当重い。まあ高校時代、山岳部で山に登っていたので20kgくらいの重さはどうってことなかったんだけど。でもさすがにアレを何時間も持ちっぱなしだときついと思う。
うまくスプリングを使ってバランスをとりながら、辺りをうろうろ。経験したことのない感覚だったんですが、映像は本当に滑らかに撮ることができました。
ステディカムは前述のように大変高価な機械なのでそう触れる機会があるわけじゃないんで、今日の経験は一生ものでしたよ。マジで。
恐らくカメラマンにでもならない限り二度と身につけることはできないでしょう…。
係の人の話では、やっぱり走りながら撮影したりすることが必要な時もあって、そんな時につまづいて転倒したりすると数千万の機材は破損、重さでカメラマンも骨折やら何やらで大変なんだそうです。目の前でコケられたらシャレにならんね。
何はともあれ、楽しかった!
| 日記 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW後半戦
5/5
DOGA CG アニメコンテストの受賞作品上映会に行ってきました。自分は出品しなかったけど今後の参考のために見に行ったのです。入場無料だったし。会場に到着して観客のヲタ率の高さにびっくり!もっとクリエイティブなメンツの集うイベントだと思ってたら、ビッグサイトと行く所を間違えたかのような客層だった…。会場でも自主制作くさい萌えソングが鳴らされてて引く。
でも受賞作品は自主制作といえどもクリエイティブな作品ばかりで(ヲタ臭いものもあったけど、それは作品を公平に評価しての結果だと思われ)、非常にクオリティの高い作品を多く見る事ができました。個人的には宍戸幸次郎氏の『かがみのげんおん』が非常にヒットでして。あと瀧野美奈子さんの『横断歩道』。受賞作ではなく外伝作品ですが、短かい作品なのに物凄いインパクトを喰らいました。それから、つかはらさんの『ウシガエル』を大画面で見ることができて感動。そして『総天然色少年冒険活劇漫画映画ハルヲ』。初めてのアニメ制作にもかかわらず30分のフル3Dノンストップアクションアニメを作ったというのは凄すぎる。作者が「新海誠さんに触発されて作った」と言っていて、やっぱりそういう人は数多くいるんだな、と改めて実感しました。
来年はぜひ自分もステージの上で!なんてね。

5/6
大学にて卒業制作プロジェクトの打ち合わせ。僕はデザイン部の幹部みたいなことになってしまっているために、今年は色々大変なことになりそうな予感。しかも発表全体のコンセプトやらキャッチコピーやら、誰に何の仕事を割り振るかまでの裁量権がある立場らしく、責任重大。
すれ違う同級生みんなに「大変そうだがお前ならやれる。頑張れ」と言われる。
ちょっと待って。俺今年は個人でアニメーション作るからそれなりに制作時間がないと辛いんですけど。あんまり他の仕事とか背負わされるわけにもいかないんだけど。まだ就職内定貰ってないし。どんどん他の人に仕事割り振って巻き込んでいかないと死んでしまう!
しかし話し合いはたいへん楽しくて、どんなデザインにするかだとかどんなものを作るかだとか話が盛り上がって、気付けば夜の11時。大学最後の1年だけど、友人とこういう感じで大学で盛り上がれるのはいいね。

5/7
友人にタダ券を貰ったので、東京都写真美術館で行われている「超【メタ】ビジュアル展」に行ってきました。歴史を辿りながら映像のありかたを考える、というテーマだったようですが、田中秀行の作ったPVが流れたり明和電機のプロモが流れたり、舞城王太郎の内輪向け漫画がアニメーションとして展示されてたり、正直意味がわからなかった(それはそれで面白いんだけど、展示のテーマに則していたのかは多いに疑問)。
入ってすぐに会場の人から「●●美術大学(俺の大学)の人はこっちに集合してくださーい!」と言われる。どうやら他学科の一年生が授業の一環みたいな感じで展示に来てたらしい。
しかし冗談のつもりで集まってみると、そこにはメディアアート第一人者の岩井俊雄氏が!
氏の作品も展示されていて、照明の点滅速度によって回転している人形がアニメーションしているように見えるという、驚きのものでした。たまたまタダ券貰ったから行っただけなのに本人に会えて、なんか得した気分になって帰ってきました。まだまだ展示はやっているので、時間があれば行ってみるといいですよ。全体としては大変面白かったので。

5/8
イメージフォーラムフェスティバルのタダ券を貰った(貰ってばっかだ)ので、今日はお世話になった先生の作品を見に新宿パークタワーまで行ってくる予定。長いGWでしたが振り返ると映像関係のイベントに4回以上参加しているという。勉強熱心な学生みたいだ。
しかし今月はまだ一回もカメラを回していないし、映像を作ってもいない。
卒業制作の脚本をGW中に仕上げないといけなかったのに、まだ全然進んでないし。
遊びすぎた。お金も無い。
わー('A`)
| 日記 | 00:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
GW中盤戦
5/3
金がないのに川崎シネチッタに映画を観に行く。
キアヌ・リーブス主演の『コンスタンティン』観てきた。
彼(キアヌ)が出てるとどうしてもマトリックスに見えてくるわけだが、役者の演技もストーリーも演出もたいへん良く出来ていて、エンドクレジットが出るまで楽しんで観ることができた。
しかし途中でトイレに行きたくなって仕方なかったので、エンドクレジット最後まで見ないでトイレに駆け込んでしまった。家に帰ってきてから先にコンスタンティン見てた妹が「クレジットの後にも続きがあったんだよ!」と言うので「しまった!」と思った。いつもならちゃんと最後まで観るのに!
って言うかハリウッド映画でクレジットの後にオマケみたいに続き入れるのやめようよ。クレジットで潔く終わってくれる映画のほうが、個人的には好感が持てる。邦画やアニメでもそういう演出は余計だと思います。
「落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。」とか、いちいち言わなくていいっての、っていうね。そういう話。

5/4
上野のバイク通りに行く。彼女が原付免許を取ったら「やっぱ原チャリ欲しい!」と言い出したため。そう言うと思った。
秋葉原がパソコンと家電とアニメの街なら、上野は芸術とバイクの街なのだ。駅から昭和通りをちょっと北に行くと、バイク関係の店が所狭しとひしめいているのだ。
で、原付と言ってもピンキリあるわけで、二人が目を付けて行ったのはソロ、エイプ、ズーマー等、ホンダのデザインチームが気合を入れて世に送り出した、若者に受ける斬新なデザインの原チャリ達。
俺はソロがお勧めだったんだが既に生産中止されていて、中古でも望みのカラーのものは見つからず。エイプやズーマーは人気があるだけあって割高だし、カブやチョイノリも見たけどやっぱりホンダのデザインバイクの前では存在感が薄れてしまい、決める気分にはならなかったという。
俺もハンドルやグリップを変更しようかと思ったんだけど金がもう全くないので断念。トラッカーハンドルに惹かれながらも上野を後にした。
帰りにアキバでちょっとうろうろ。PSPの首都高バトルやDSのNINTENDOGSを体験プレイして楽しむ。彼女がナイトメアビフォアクリスマスのフィギュアを欲しがるのでイエローサブマリンやらラジオ会館やらをうろついて目的のものを探しまくる。
なんかアキバがメチャクチャ混んでたのはビッグサイトで同人誌のイベントとコスプレイベントが同時に大々的に開かれていたからか?それっぽいのがぞろぞろと。狭いエレベーターにでかい荷物持ったデブヲタが無理矢理乗り込んで来る。臭い。狭い。蒸し暑い。メッセサンオーのエレベーターはもっと広くするべきだと思う。
帰りに品川の品達っていうラーメンの有名店が沢山入ったところでつけめんを食べて帰る。こないだ青葉行ったばかりなのに。つけめんが今自分の中でブームだ。
金が底をついたので彼女に借りる。5000円。
情けないGWになってきた。バイクにガソリン入れる余裕も…orz
| 日記 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW前半戦
4/29
就職活動。勝鬨橋の畔のRMCという会社のセミナーに参加する。
広告系。グループで企画を立てて、それを実際に制作するという課題をやらされる。
40分程度で最終的な形まで持って行くのは大変難しい。が、他の志望者とコミュニケーションをとりながらものごとを考えていくのは楽しい。やはり広告制作系は魅力的だと思う。
夕方から横浜は関内で行われてた映像イベントに顔を出す。
先輩や友人の映像作品が上映・展示されていた。
主催者に名刺と、自分の作品をDVDに焼いたものを渡す。
次回から希望すれば他の人と同じように展示・上映してくれるらしい。
12月に行われる予定の横浜トリエンナーレとからめた上映イベントだそうで、うまくいけばいい経験ができそうだ。
帰りに中華街に寄って謝甜記という有名なおかゆの店で晩飯。
とりがゆ食った。いつ来てもここのおかゆはウマイ。

4/30
バイトやめた&4月は奨学金が入らない&バイク修理した&パチスロ負けまくったせいで金がもう無い。
なので地元の蒲田駅前をブラブラして遊ぶ。ゲーセンでエイリアンのメダルゲームをしたら大当たりで2000枚のメダルが手に入った。1000円で100枚なので20000円分ということになる。
GW中はここで暇が潰せそうだw
家に帰ってから卒業制作のためのホームページデザインを考える。まだテーマもコンセプトもキャッチフレーズも決まっていないが、個人的には虹をモチーフにしたサイトデザインにしたい。
FLASHをいじくって遊ぶ。そういえばPPが延期になったらしい。飛び入れるかな??

5/1
親戚の伯母に呼ばれて妹と一緒に大船まで行く。
金がないのでバイクで行った。
妹を後ろに乗せて行ったんだけど、国道1号を小田原方面にずっと走ってれば着くと思ってたら途中保土ヶ谷から急に高速道路になる。横浜新道。
初めての高速二輪二人乗り。ちなみに俺はまだ中免とって3年経っていない。
警察に見つかる前に高速を降りる。150円とられる。
70km/h出したけど超怖かった。妹が後ろで絶叫していた。
横浜の道はいつも間違うのでもっと親切にしてほしい。

5/2
彼女が原付免許を取りたいというので、品川は鮫洲の免許センターに連れて行く。
ついでに自分のバイクのナンバープレートも変更しようと思って(おととしの12月から大田区に住んでいるのに、ナンバーはずっと横浜市のままだったのだ)、免許センターの隣の陸運局に行ったら、まだバイクの名義が買った店のものになっていたため、六郷のレッドバロンまで行って名義変更等のめんどくさい手続きをして、区役所行って住民票貰って、もういっかい鮫洲まで行って色々書類書かせられたりして、印紙代やら手数料やらで1000円くらい取られる。
彼女は無事原付免許を取得し、笑顔で免許を見せてきた。
俺は俺で品川ナンバーを手に入れて、ちょっといい気分に。
番号は7707だった。なんとなく幸運っぽい。
帰りに蒲田駅前の青葉でつけめんを食べる。ラーメン食うの久しぶり。
特製つけめん大盛にしたので、1000円とられた。
現在の全財産、3500円。これで9日まで持ちこたえないといけない。

中盤・後半はいかに節約しながらGWを楽しむのか、という勝負になりそうな予感。
幸い米だけは大量にあるので何とかなりそうだけど。

ああ!どっか遠くに行きてえ!!!
| 日記 | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
はるはくる
バイクに乗ってて、いつもと同じ家から大学までの道程なのに、
春の暖かさが、いつもと違う気持ちにさせた。

なんか今年も来ちゃったな〜、春。って感じ。
高校卒業して関東の大学に入学した時の、胸躍った春。
その大学を中退して迎えた、何も支えてくれるものの無かった春。
晴れて今の大学に入学し、不安を抱えながらやってきた横浜の春。
孤独から解放された東京の春。
毎年環境や心情は違うけど、桜は同じように舞って、春風は同じように吹いて。

こうしてトシとっていくのも、悪くないかもね。





※先日の風邪がまだ治ってないので頭がちょっとおかしくなってる。
って言うか風邪か?これ。ずっと車に酔ってるみたいな感じだ。気持ち悪い。
| 日記 | 01:03 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/19PAGES | >>